REC.に「しつもん君」登場!

レックで質問の通知が来て何かと思って見たら変なの届いたw

よくよく見てみるとREC.公式の新機能というか、ボットというかそんな感じのやつっぽい。

Twitter上では「しつもん君」から質問が届いたみたいなことを言ってる人もちらほらいたけど、みんなに一斉に届いているんだろうか🤔

  • REC.アップロードエラーで音声配信できず。

    ここ1日半ぐらいREC.でエラーが出てラジオ配信ができない状態。

    ポッドキャスト側では触れたけど、いつ直るのか把握できないので普段聞いてくれている方は取り急ぎポッドキャストだといつも通り聞いてもらえます。

    https://open.spotify.com/episode/3QmermBVr5czd5Yw6tuilj?si=hh4Ceob1SI6k7jKGH8Mn2g

    REC.のエラー

    Twitterなどを見ても不具合やエラー等と言う話題は上がっていないように思うので個人的に起きている現象と言うことだろうか。

    情報共有と言う意味合いでこちらにメモです。

    ざっくり不具合起きてる環境

    • iPhone 11 Pro
    • iOS 13.7
    • REC. iOSバージョン1.1.5

    不具合発生状況

    いつも通り録音したデータをアップロードしてBGMを設定したり説明文、タイトル、カテゴリーなどごく普通に入力。

    そして公開しようとするとエラーが出てしまう。

    何か仕様が変更になって、例えばタイトルへの絵文字挿入がNGになったとか、いろいろ試してみたけど結局公開できず。

    アップロードしたデータは40分近い長い音声だったので、別のファイルも試したけど公開できない。なんだろう。

    だいたい毎日、もしくは2日に1回はラジオ配信に使っているので、それ以前までは全く問題なかった。

    考えてみると今回の問題が起きる前にREC.のアプリ側でアップデートがあったような記憶。

    その辺の影響なんだろうか。

  • Amazon Music/Audibleへポッドキャスト番組の配信登録申請方法。音声メディア最新情報 2020年9月

    先日公開されたAmazonポッドキャスト。

    過去記事で触れた点の訂正含みこちらの記事を公開です。

    Amazon Music/Audibleへのポッドキャスト番組登録は申請可能

    前回、ポッドキャスターが「番組を登録できる感じではない」といった書き方をしましたが、どうやら番組の登録申請も可能のようです。

    via Amazon

    本日、パソコンでAmazonを確認したところAmazonポッドキャストへの申請ページの確認が取れました。 ※スマホも下の方にスクロールしたら出ました。

    ポッドキャストはAmazon Music内で確認可能

    Audibleは聞く本のサービス。

    Amazonポッドキャスト番組登録方法メモ

    via Amazon

    テキストのみですが手順と注意点書いておきます。

    1. Podcast登録申請ページへ移動(ページ下部から登録フォームへ)
    2. 利用規約等への同意
    3. 登録番組のURLを入力。まとめて複数番組申請可能 ※1 注意点あり
    4. 配信者情報の設定
    5. 登録申請

    ※1 複数のポッドキャスト番組をまとめて申請可能ですが、名前やメールアドレス/配信元は複数番組の場合も統一的な設定しかできないです。(各番組ごとにメアドや名前、配信元の個別設定が出来ない)

    番組によってメールアドレスや配信もとのプラットフォームが異なる場合などは、それぞれ別々に申請の必要がありそう。

    先ほど3番組ほど試しに申請してみたので、何か進展等あったらまたお知らせしようと思います。

    ※この記事書いた後すぐに登録完了してました。雑感

    メインのポッドキャスト「インスタSNSニュース@聞聴くまとめ」と、メインブログのAI音声読み上げ版「読まないブログ」両方登録されていました

    Amazon MUSIC/ポッドキャスト内で「koukichi」または「インスタ」「聴くまとめ」などで検索すると出てきます。

    なんとなくまとめて申請でも問題ないのかな?と言う印象も。試してないのでわからなけど、登録申請しなくてもいずれ勝手に登録されるパターンなのかなと。ポッドヒーローみたいな意味合い。厳密な所有者確認用のメアドや氏名入力ではないのかも?なぞ。

  • stand.fm 音声データのアップロード可能に!ラジオ配信アプリ/音声メディア最新ニュース 2020年9月18日

    さっきアプリのアップデートしようとしたらスタンドFMが音声データの取り込み可能に!

    とりあえず試してみました。前半にアプリで直接録音してその続きとして過去のpodcast配信をアップロードしてみました。

    個人的にスタンドFMは疑問や質問への回答専用と割り切っていたのでポッドキャストの配信を毎回アップロードする形になるとそれはそれでちょっと微妙かなとも思ってしまう。

    わがままw

    これで、ふだん触れている国内ラジオ配信アプリだとREC./Himalaya/stand.fmと音声アップ可能に。

    RSS発行可能なのはヒマラヤとラジオトーク。後々Podcast対応とかみたいな流れになるとちょっと困ることにもなりかねないので悩ましい部分も。(Anchorで一括配信分と同じエピソードがいたるところに登場してしまうなんてことも)

  • ラジオトークがライブ配信に対応!Radiotalk新機能 最新情報 2020年9月

    なんとなくタイムラインを眺めていたら、なんと!Radiotalk(ラジオトーク)がライブ配信機能に対応開始とのこと。

    https://twitter.com/radiotalk_info/status/1301435871430766592?s=21

    以下、iOSアプリのアップデート履歴の記載内容

    Radiotalkでライブ配信ができるようになりました。収録型のトークとはまた違った配信体験をお楽しみください!

    ・配信の盛り上がりを示す指標として、「スコア」制度が導入されました!ご自身のスコアは、設定画面の「スコアの確認」か らご確認いただけます。

    ライブ配信及びスコアについての詳細は、HOMEの お知らせ枠からご確認ください! *マイページのデザインが新しくなり、ポイントやコイン履歴の確認がしやすくなりました。

    なお、「最近の再生」は「ライブラリ」タブの一番 右側(=ダウンロードの隣)に移動しました

    ポッドキャスト配信アプリやラジオ配信アプリ等含めて、ライブ配信機能と言うのはどちらかと言うと珍しい機能な印象。(spoon系にはあるけど、ちょっとまた意味合いが違う気もするので。)

    なので、日本国内の主要アプリでライブ配信機能というと「stand.fm」という印象あったけど、ラジオトークが動いたことによってまた意味合いが変わってきそう。

    公式ブログを見ると、ギフトやチケット機能など色々と機能があるっぽい。また、今後控えている展開も何かある模様。詳細は以下からどうぞ。

    Radiotalkで ライブ配信 ができるようになりました!

    とりあえずライブ配信機能を試してみよう。

    追記。ライブじゃなく、ポッドキャストで、ざっくりRadiotalk(ラジオトーク)のライブ配信機能や国内ラジオ配信アプリについて話しました。

    これから音声配信始めたいって人の参考になるかも?

  • 不具合?Anchor、消えたフォロー(お気に入り)中★アイコン。星マークタップ無効化?ポッドキャスト/音声配信アプリ情報2020年8月

    つい何日か前にAnchor(アンカー)のアプリを見ると違和感を感じた。(iOSで利用)

    ホームの右上に星マークがあった気がするんだけど気のせいだろうか。

    記憶間違いなんかもあるかもだけどとりあえずメモ。

    消えた星マーク。フォロー(お気に入り)ポッドキャスト番組ページ

    もしかしたら記憶間違いかもしれないけど、ホームじゃなくても、どこかしらに星のアイコンがあって、タップするとフォロー中(お気に入り追加)のポッドキャスト番組が確認できたはず。

    どこかに移動したのかな?と探してみたけど見当たらない。

    Anchor(アンカー)は細かなバグや不具合等が多い印象なので、ちょっと思うところを試してみた。

    Anchor(アンカー)のフォロー(お気に入り追加)機能自体が機能してない疑惑

    試しに複数の番組で星マークを押してフォローしてみた。その後、ホームに戻っても右上の星マークは復活しない。

    フォローした番組ページを再度訪問してみると、フォローが解除状態になっている。

    つまり、フォロー機能自体が正常に動作していないんじゃないかと言う状況。星アイコンをタップしたときにはグレーから黄色に切り替わる。

    けど、実際にはフォロー(お気に入り追加)できていないんじゃないかみたいな感じ。もしくは表示上の問題なだけで、正常にフォロー判定はされているけど確認が取れないみたいなことかもしれないけど。

    その他、検索結果に並んでいる番組を星マークタップでお気に入りに追加した際は黄色に色が変わった状態は保持されるっぽい。

    何にしても、こんな状況なので普段チェックしている番組をすぐに聞くことができない。

    とは言え、Anchor(アンカー)ではあまりフォローとか購読みたいなことを気にして聞いていないので、特に困ることもないんだけど。何かちょっとなぁと。

    なにか変化や、直ったなどあった際はこちらに追記します。同じような状況の人の何かの参考になれば幸いです。

  • Anchor「podcast.new」ですぐポッドキャスト配信可能に!Google「.newショートカット」対応。音声メディア/音声配信中サービス 最新ニュース2010年7月31日

    PodcastアプリAnchor(アンカー)がGoogleの.newショートカットに対応した模様。

    ブラウザのアドレスバーに特定ドメインを入力で、例えば「docs.new」でGoogleドキュメント、「Playlist.new」でSpotifyのプレイリスト新規作成みたいなあれ。

    Anchor(アンカー)では「podcast.new」でエピソード投稿画面が開く。

    当然ログイン中の場合の話になり、ログイン状態だと新規会員登録画面へ記載確認が取れた。

    ぶっちゃけこの類はあんまり意味がないような気もしてならないがどうなんだろう。

    さらに言うとAnchor(アンカー)はサイトが重いのでそもそも微妙だったり。

    用途的な側面というよりは「podcast.new」ドメインを押さえておきたいと言うところもあるんだろうか。

    音声メディアや音声配信関連の最新情報はpodcastでも配信中です。以下Spotifyのプレイリストで聴けるのでよかったら。随時更新中

  • REC. note上で音声再生可能に!配信URLコピペでプレイヤー表示。ラジオ配信アプリ最新ニュース 2020年7月

    noteでラジオ配信アプリ「REC.」の配信URLをコピペした際にプレイヤー表示が可能に。

    via note

    スクショを見てもらうとわかると思うけど「再生回数」「いいね数」なども表示されている。

    またノート上で再生した際にも、すぐにカウントアップして再生回数に反映。

    note上でプレイヤーとして聞いてもらうことが可能なサービスとしてSpotifyがあるけど、今回レックも対応と言うことで音声ブログと言う側面での用途も広がりそう。

    普段はpodcast用に録音した音声をREC.にもアップしているけど、今回レックのお題に沿って「モーニングルーティーン」について配信しました。よかったらどうぞ

  • Himalayaやばいな。ヒマラヤで音声配信するメリット。ポッドキャスト配信/音声データアップ可能!ラジオアプリ情報 2020

    ラジオ配信可能だと言うのは知っていたけど、聞くの専用として使っていたHimalaya(ヒマラヤ)を触ってみた。

    実際に使ってみると、いろいろ優れている点が多く、これは「Anchor(アンカー)に次ぐ万能型アプリ」なんじゃ?と言う気が。

    ということで、Himalayaのすごいところや音声配信メリットなどざっくりメモしておきます。

    Himalaya(ヒマラヤ)でラジオ/音声配信するメリット

    • 別のプラットフォーム配信もできるっぽい。RSS発行
    • 記載▶︎「マルチメディアに公開エピソードはどこにでも公開できます。(Apple Podcast、Google、Himalayaなど)」
    • ブログ感覚で打てる(AnchorのPC編集画面と同じ)。テキストにリンクを貼るなど。
    • 音声データのアップロードも可能。上限200MBまで。※Anchorはたぶん250MBまで+動画から音声抽出可能
    • 分析機能(アナリティクス)あり
    • タイムライン機能。一般垢では使えない?
    • プレミアム配信など収益化要素
    • ・応援?投げ銭?Paypalってなってるけど銀行口座情報入力画面に。登録しても無効?次回空になる

    現時点曖昧な点もあるけどざっくり上記のような点にメリット感じました。

    特にプレミアム配信や収益化についてのところがグダグダでごめんなさい。詳細確認できたら追記等予定しています。

    Himalaya(ヒマラヤ)でラジオ/音声配信のデメリット

    • PCブラウザからじゃないと設定や確認できない項目が多数。
    • スマホブラウザでもPC表示にしてサイドメニューをアイコンのみに切り替えると何とか確認可能。利便性は相当低い。
    • Himalayaアプリで録音は上限が10分。
    • Himalayaアプリでの録音時は音質がかなり悪い。
    • 低音質と言うだけではなくパソコンで録音した時のようなハウリング?みたいなかんじが目立つ。
    • Himalayaアプリ単体ではエピソードや番組の詳細/説明文が編集できないなど致命的な点も。

    一言で言うと、よくわからない、ちぐはぐな点が多い。

    一見、アプリでは操作できないのかなと思えるような点多数。メニュー等が分かりづらいところに存在したりUI/UX的に微妙な点が多い気が。

    Himalaya(ヒマラヤ)とはどんな音声配信プラットフォームか?配信者傾向や印象など

    ヒマラヤとは?と言うのを感覚的な面からこちらに記載。

    印象としては情報配信/ビジネス関連のラジオ配信に適していそう。

    この点は、ちょっと前にpodcastで触れた「インフルエンサー関連」の動きや、そもそもオーディオブックの課金販売などがある点からも、ヒマラヤ利用ユーザーは、学びや自己啓発/その他スキルアップなもの情報収集目的で利用している層が多いのでは?と言う印象。

    外部のpodcastのRSS登録でHimalaya内で再生可能な番組等もたくさん存在しているけど、相当有名な番組でもフォロワー数や再生数はかなり少ない印象。

    つまり、ファンを抱えている状態で自力集客しない限りはなかなか再生数は伸びないのかなと言う印象も。

    裏を返すとと、ライバルが少ないとも捉えられるので、そういった側面では他のラジオ配信アプリよりも狙い目かもしれない。

    実際のHimalaya(ヒマラヤ)での配信。音質確認などにどうぞ

    デメリットであげたヒマラヤアプリでの音質の確認などにどうぞ。

    下記プレイヤーでは、配信追加ごとに表示されるエピソードは変化していくと思いますが、第一回配信は「外部マイクを使用」して録音したもの。以降、第4回までは「iPhone 11 Proで録音」した音質となります。

    こちらの記事を書いた時点では番組名などまだ未定で「ヒマラヤああああ(仮)」となっていますが、一応音声配信メディアや音声コンテンツに関する番組として配信していく予定です。

    よかったらフォロー等お願いします。※もし方向性変えてしまったらごめんなさい!

    メイン PodcastではSNS関連最新ニュースメインに配信中です。

  • REC.がアプリデザイン変更。UIUX大幅に変化。ラジオ配信アプリ 最新ニュース 2020年5月

    ざっと気づいた点を以下に。記憶間違いなどもあるかもです。

    自分のプロフィール画面

    • フォロー数非表示
    • 投稿数表示
    • SNSアイコンが大きく

    他者プロフィール画面

    • エピソード一覧の横にいいねボタン。タップでいいね可能。

    ホーム画面

    • いいね数/お気に入り(クリップ数)が非表示に
    • エピソード右下にプロフィールへのリンクが設置
    • サムネイル/エピソードタイトルともにタップ次時は再生

    検索発見タブ

    • 検索窓。前から?

    よくよく見ると初期から現在にかけて背景色は黒に変わっていた模様。