アマゾンがポッドキャスト配信開始!Amazon Musicアプリなどで視聴可能に。音声メディア/Podcast最新ニュース 2020年9月

Amazonがポッドキャスト配信開始!Amazon Musicアプリなどで視聴可能に。音声メディア/Podcast最新ニュース 2020年9月

昨日アマゾンのショッピングアプリを起動したところポッドキャストの案内のバナーが表示されていることに気づいた。

Amazonでポッドキャストが聞けるようになった。配信機能とかではなさそう

Amazonショッピングアプリに出てたバナーから遷移

podcast配信が可能になったのかと思ったけど、どうやらそういうことではなくpodcastを聴けると言うことっぽい。

iOS/AndroidのAmazon MusicアプリやAmazon EchoなどAlexa搭載デバイスなどで追加料金なしで聞けるとのこと。

Amazonポッドキャスト配信番組のかんじ

ざっと眺めてみると、各ポッドキャストアプリのランキング上位に表示されている有名な番組がピックアップされて配信と言う印象。

各ポッドキャストアプリで一度は目にしたことのある超有名番組がずらっと

既にポッドキャストを日常的に聞いている人はわざわざAmazonに乗り換えると言う事は無いだろうし、番組数の少なさから利用メリットはあまりなさそう。

ただし、ポッドキャスト配信者視点で考えると、アマゾンで番組配信が開始されれば今までとは全く別のそうに聞かれる率が圧倒的に高まるわけで。

いつかAmazon内で表示されるくらい番組を大きくできたら嬉しいところ。配信番組を見る限りはSpotifyのトップチャート入りするレベルじゃないと難しそうなので全然無理だけどw

ポッドキャストは、ほぼ毎日しているのでよかったらどうぞ。

Apple Podcast、Google Podcast、Spotify他、各所で聞けます。「koukichi」「インスタ」「聴くまとめ」などで検索してみてください。

stand.fm 音声データのアップロード可能に!ラジオ配信アプリ/音声メディア最新ニュース 2020年9月18日

srandfm 音声データのアップロード可能に!ラジオ配信アプリ/音声メディア最新ニュース 2020年9月18日

さっきアプリのアップデートしようとしたらスタンドFMが音声データの取り込み可能に!

とりあえず試してみました。前半にアプリで直接録音してその続きとして過去のpodcast配信をアップロードしてみました。

個人的にスタンドFMは疑問や質問への回答専用と割り切っていたのでポッドキャストの配信を毎回アップロードする形になるとそれはそれでちょっと微妙かなとも思ってしまう。

わがままw

これで、ふだん触れている国内ラジオ配信アプリだとREC./Himalaya/stand.fmと音声アップ可能に。

RSS発行可能なのはヒマラヤとラジオトーク。後々Podcast対応とかみたいな流れになるとちょっと困ることにもなりかねないので悩ましい部分も。(Anchorで一括配信分と同じエピソードがいたるところに登場してしまうなんてことも)

ラジオトークがライブ配信に対応!Radiotalk新機能 最新情報 2020年9月

ラジオトークがライブ配信に対応!Radiotalk新機能 最新情報 2020年9月

なんとなくタイムラインを眺めていたら、なんと!Radiotalk(ラジオトーク)がライブ配信機能に対応開始とのこと。

https://twitter.com/radiotalk_info/status/1301435871430766592?s=21

以下、iOSアプリのアップデート履歴の記載内容

Radiotalkでライブ配信ができるようになりました。収録型のトークとはまた違った配信体験をお楽しみください!

・配信の盛り上がりを示す指標として、「スコア」制度が導入されました!ご自身のスコアは、設定画面の「スコアの確認」か らご確認いただけます。

ライブ配信及びスコアについての詳細は、HOMEの お知らせ枠からご確認ください! *マイページのデザインが新しくなり、ポイントやコイン履歴の確認がしやすくなりました。

なお、「最近の再生」は「ライブラリ」タブの一番 右側(=ダウンロードの隣)に移動しました

ポッドキャスト配信アプリやラジオ配信アプリ等含めて、ライブ配信機能と言うのはどちらかと言うと珍しい機能な印象。(spoon系にはあるけど、ちょっとまた意味合いが違う気もするので。)

なので、日本国内の主要アプリでライブ配信機能というと「stand.fm」という印象あったけど、ラジオトークが動いたことによってまた意味合いが変わってきそう。

公式ブログを見ると、ギフトやチケット機能など色々と機能があるっぽい。また、今後控えている展開も何かある模様。詳細は以下からどうぞ。

Radiotalkで ライブ配信 ができるようになりました!

とりあえずライブ配信機能を試してみよう。

追記。ライブじゃなく、ポッドキャストで、ざっくりRadiotalk(ラジオトーク)のライブ配信機能や国内ラジオ配信アプリについて話しました。

これから音声配信始めたいって人の参考になるかも?

Anchor「podcast.new」ですぐポッドキャスト配信可能に!Google「.newショートカット」対応。音声メディア/音声配信中サービス 最新ニュース2010年7月31日

Anchor「podcast.new」ですぐポッドキャスト配信可能に!Google「.newショートカット」対応。音声メディア/音声配信中サービス 最新ニュース2010年7月31日

PodcastアプリAnchor(アンカー)がGoogleの.newショートカットに対応した模様。

ブラウザのアドレスバーに特定ドメインを入力で、例えば「docs.new」でGoogleドキュメント、「Playlist.new」でSpotifyのプレイリスト新規作成みたいなあれ。

Anchor(アンカー)では「podcast.new」でエピソード投稿画面が開く。

当然ログイン中の場合の話になり、ログイン状態だと新規会員登録画面へ記載確認が取れた。

ぶっちゃけこの類はあんまり意味がないような気もしてならないがどうなんだろう。

さらに言うとAnchor(アンカー)はサイトが重いのでそもそも微妙だったり。

用途的な側面というよりは「podcast.new」ドメインを押さえておきたいと言うところもあるんだろうか。

音声メディアや音声配信関連の最新情報はpodcastでも配信中です。以下Spotifyのプレイリストで聴けるのでよかったら。随時更新中

Radiotalk(ラジオトーク)リモートポッドキャスト「ゲストを招待」新機能公開!おうち時間で自宅から友達とラジオ配信。音声配信アプリ最新ニュース 2020年4月29日

Radiotalk(ラジオトーク)リモートポッドキャスト「ゲストを招待」新機能公開!おうち時間で自宅から友達とラジオ配信。音声配信アプリ最新ニュース 2020年4月29日

先日先行受付開始されたラジオトークのリモートポッドキャスト機能。自宅にいながら友達や仕事場の同僚とオンライン上で音声を録音しラジオ配信できる機能。

Radiotalk(ラジオトーク)リモートポッドキャスト(ゲストを招待)機能で自宅から友達とラジオ配信可能に

Radiotalk(ラジオトーク)リモートポッドキャスト「ゲストを招待」新機能公開!おうち時間で自宅から友達とラジオ配信。音声配信アプリ最新ニュース 2020年4月29日

この機能が一般公開。iOSアプリでは最新アップデートでゲスト招待機能が使用可能に。音声収録画面右上の人型シルエットのアイコンをタップするとトークルーム作成画面が表示。

ゲストは最大4人まで招待かの合計5人でのラジオ配信が可能と言うことに。トークテーマやトピックスを事前に設定した上でトークルームを作成しゲストと打ち合わせをした上で録音が開始可能とのこと。

コロナ禍で外出自粛、おうち時間を過ごすことの増えている現在。ズームなどのビデオチャットだけではなく音声でつながると言うのもありかも。

その他、複数人でのラジオ配信が可能なサービスやアプリ

同様のオンライン収録機能は、先日スタンドFMでも「コラボ収録」として機能公開。その他Spotify傘下のポッドキャストアプリ「Anchor(アンカー)」でも最大5人でのリモートpodcast配信が可能。

ちょっと違うけどライブ配信であればTwitterも最大4人で音声配信可能となっています。

このうち、ラジオトークとアンカーに関してはポッドキャスト配信機能やRSS発行機能があるのでより多くの人に聞いてもらうことが可能に。

Anchor新機能!ビデオチャットやオンライン会議など動画から音声配信可能に!ポッドキャスト最新ニュース 2020年4月28日

コロナ禍で外出自粛、海外など国によっては外出禁止と言う現状。

そんな中、Anchorが新機能を公開。

Anchor(アンカー)PC版で動画から音声取り込み、ポッドキャスト配信可能に!

コロナ感染拡大防止を含め、おうち時間やステイホーム等のタグで「自宅を楽しむ」をテーマにしたコンテンツが溢れ、リモートワーク/オンライン飲み会と、仕事やライフスタイルが一変している現在。

そんな流れを汲み取った新機能をAnchor(アンカー)が発表!

Anchor(アンカー)パソコン版で動画から音声を抽出、音声データをポッドキャスト配信可能に!

ツイート内で触れている通り、アプリからは動画の読み込みが出来ませんでした。

ファイルのインポートから確認すると、音声ファイル以外は反転表示で選択できない感じ。

Anchor(アンカー)で動画を音声に変換する方法。

  1. Anchor(アンカー)にパソコンのWebブラウザからアクセス
  2. ヘッダーの「Episodes」をタップ
  3. 右上の「Click to upload or drag files here」をクリックして動画を選択
  4. 音声データ変換完了を待って、いつも通り投稿

実際に試してみたけど音声の変換にはかなり時間がかかりそうな印象も。掲載したツイートのスクショを取ったタイミングから既に12分経過しているけど終わる気配は無い。

ずっと見ていなかったのでわからないけど、途中で67パーと言う表記が目に入った瞬間はあった。今現在は「PROCESSING」と表示中。

アプリ版でもそうだけど何故か全然インポートできない場合もあったりするので、どうなんだろうと言う印象もあるけど、変換完了したらどのぐらい時間がかかったかなどこちらに追記する予定です。

別動画試したら無事音声変換完了!ちょっと考慮も必要そう

全く進まなそうだったので試しに別の動画をインポートしてみたところあっという間に変換完了。

とは言え、後で試した動画はポッドキャストの動画版。つまり音声が流れているだけで映像にあたる部分は静止画のみ。

となるとファイルサイズ依存でストップしてしまったりすると言うことだろうか。また試したら追記します。

さようなら。

stand.fm「コラボ収録」自宅から複数人でラジオ配信/音声ライブ中にリスナープロフィール確認可能に。音声配信アプリ新機能アップデート 最新情報 2020年4月

stand.fm「コラボ収録」自宅から複数人でラジオ配信/音声ライブ中にリスナープロフィール確認可能に。音声配信アプリ新機能アップデート 最新情報 2020年4月

Stand.fmの新機能を2つ紹介。

1つはコラボ収録新機能。コロナ禍で自宅待機/外出自粛の現在、#おうち時間 や #うちで過ごそう などのハッシュタグを使用してのSNS投稿が目立っています。

stand.fm新機能「コラボ収録」

そんな中Stand.fmではオンライン上で複数人でラジオ配信できる機能を導入。最大4人まで参加して収録可能とのこと。

ライブ配信中にリスナーのプロフ確認、フォローなどいくつかのアップデート

また、2020年4月の最新アップデートで以下が対応。

  • ライブ配信中に参加中のリスナープロフィールを確認、フォロー可能に
  • ライブ中のコメントを固定表示する機能の追加
  • 音声が通話用スピーカーから出力され、小さく聞こえる不具合の修正
  • コラボ収録で60分以上収録すると録音が停止不可になる不具合の修正
  • UIUX改善

stand.fmでインスタ/Twitterの疑問質問に回答中。音声配信サービスやポッドキャストについても話してます

レター機能で匿名質問可能なのでブログ記事に関することなど何かあればお気軽に。音声で回答して下記Twitterにシェアします。

stand.fm

動画テロップ入れ「Vrew(ブリュー)」字幕SRT書き出し可能に!音声データmp3も対応!無料音楽28種追加!ポッドキャスト/動画編集アプリ新機能アップデート最新情報 2020年4月24日

動画テロップ入れ「Vrew(ブリュー)」字幕SRT書き出し可能に!音声データmp3も対応!無料音楽28種追加!ポッドキャスト/動画編集アプリ新機能アップデート最新情報 2020年4月24日

動画テロップ入れ「Vrew(ブリュー)」字幕SRT書き出し可能に!音声データmp3も対応!無料音楽28種追加!ポッドキャスト/動画編集アプリ新機能アップデート最新情報 2020年4月24日
声に偏る世界線 by Koukichi_T

 
 
00:00 / 10:15
 
1X
  • 00:00 Vrew(ブリュー) さらに進化!
  • 00:59 Vrew(ブリュー) 字幕ファイルSRT形式でのエクスポートに対応
  • 01:38 Vrew(ブリュー) m4aに加えてmp3も読み込み可能に
  • 03:46 Vrew(ブリュー)無料音楽28曲追加!
  • 05:30 音声ファイル読み込み+画像読み込みできたらいいのにな
  • 06:32 ポッドキャスト起点で使用の場合も字幕ファイル書き出せるならYouTubeにも使い回し!テロップも楽ちん
  • 07:58 TASCAM DR-07X録音設定ミスについて。今回ABモードです

先日の音声データ読み込みたいようで、「こんなことができたらいいのに」と感じた点が早速アップデートで解決!

これはすばらしい。

音声内で話しているけど、例えば動画撮影の際に音声を別撮り、この音声は別途動画編集挿入。

そしてVrew(ブリュー)の出番。自動文字起こしであっという間にテロップ入れが完成。

さらに、今回のアップデート字幕ファイルSRティー形式でのエクスポート対応。これにより、YouTubeなどに字幕ファイルをアップするのにも役立つ。動画の字幕ファイルはSEO的な面でも重要視されているので、デフォルトの自動文字起こしではちょっと微妙。

アプリ内で文字の整形を済ませて、いくつもの用途に使えると言うのはかなり時短そして効率的。

それとは別に音声データは音声データはポッドキャストにも配信できるわけで。

Podcast側でもSEO対策としてVrew(ブリュー)で文字起こししたテキストを設置など、1つの作業で複数のメリットが生まれてとにかく良い感じ。いろいろ試して、また結果などをシェアします。